子どもにスマホはいつからが正解?


スポンサーリンク

小学校高学年になると子どもの3人に1人は携帯電話を持っているらしい、、、。

我が家も長女が小学校に入学してからキッズ携帯電話を持たせた。

長女が通う学校は基本的には各自で登下校なので、GPS機能が付いていたり、連絡が取れる携帯電話は保護者であるわたしにとって安心材料なわけです。

自分が小学生のときのことを思い出してみる。

うちのお母さん、心配じゃなかったのかなぁ。。。

いや、待てよ、朝は集団登校だったし、家は小学校の目の前だったな。

それに、そんなことを心配するような母ではなかった。

昭和のお母さんたちはどこもそんな感じだったのかもな。

 

スポンサーリンク




高学年になってからは周りのお友達も携帯電話を普通に持っている状況で、しかも、ほとんどの子がスマホ。(キッズスマホというやつ??)

そんなわけでキッズ携帯の長女が、スマホが欲しい欲しいと言い出しているので、なんで欲しいの?って聞いてみると、「友達とLINEをやりたいから」。

実は長女は小4のときにクリスマスプレゼントで i pod touchをもらい、そこにLINEのアプリをインストールして使えるようにしてあげた。

とは言え、i pod touchは電話機能がないので、ほぼWiFiがある自宅でしか使えないので、最初のうちは家族間だけのやりとりだけだった。

わたしは次女と夫の3人同じ部屋で就寝するが、長女は自分の部屋で寝る。

次女が眠るまでわたしは横でスマホを見ていることが多いのだが、たまに長女から学校で嫌なことがあったときなんかに、わたしにLINEで相談してくるようになった。

口で言うほどでもなかったり、言いにくかったりすることが、LINEだとすんなり伝えられるんだなぁと思った。

途中で面白いスタンプなんかをお互い送り合ったりすると、長女の気持ちも緩むようで、すっきりしてくると眠くなるのか、いきなり「もう寝る」と「おやすみ」のスタンプを送ってきて終了する。

そして長女が高学年になって、周りのお友達がスマホを持っている状況になると、お友達ともLINEでやりとりをするようになった。

そうか〜、みんな持っているならばスマホに変えてあげようか、、、と思っていた矢先、やはりきました、トラボー(トラブル)。

高学年になると、女子あるある〜なゴタゴタが色々出てくるわけですよ、奥さん!

長女の場合、夏休み中LINEでちょっとしたトラボーがありました、、、すぐ解決しましたけどね。

LINE、スマホが悪いわけではなく、その使い方次第で便利だと思えるし、厄介なものと思うときもある。

相手の表情が見えないLINEやSNSでコミニュケーションをとるというのは、ラクだな〜と思う反面、文字になった言葉が意図したことと異なって受け取られる可能性もある。

特に子どもはそこまで深く考えずに文字を送り合っていると思うので、スマホを持たせる=いつでもどこでもLINEができるのは、まだ少し早いのではあるまいかと思った。

その後、タイミング良く長女が i pod touchを水没させLINEが使えなくなった。

それ以来スマホが欲しい欲しいと言っているのだけれども、トラボーの元だと言って保留にしている。

しかし、長女は1年後には中学生だ。スマホをこなれた手つきで操作しているだろう。

その前に、親であるわたしは長女に話し言葉と書き言葉の違い、メッセージを送る前に一度相手の立場に立って読み返してごらんとか、言わなくてはいけないなと思う。

長女が母親になって長女の子どもが小6になったころは、一体どんな世の中になっているのかな、、、さっぱりわかりまてん。

そりでは、また〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク