応援団と一休さん


スポンサーリンク

来月の同じ日に姉妹の運動会があるので、ふたりとも小学校と幼稚園でそれぞれ練習を毎日頑張っているご様子。

長女は幼稚園から小学校低学年までは体操教室やスイミング、チアダンスを習っていたが、小学校中学年からはそれら運動系の習い事を全部辞めてしまったので、もっぱらインドアガールになってしまった。

そんな長女が運動会で応援団になったと聞いた。

確か去年の運動会は用具係だった。長女には申し訳ないが、用具係とは、長女のために用意されたような係だなとその時思った。

しかし今年は応援団。

なんで応援団?!と長女に聞いたら、応援団をクラスから女子2人出さないといけないところ、1人しか手が挙がらず、先生からやってみたら?と言われ、すぐに嫌ですと断ったものの、先生にゴリ押しされ、仕方なく引き受けたそう…良い人かい。

応援団は応援の練習が毎日(朝、中休み、昼休み)あるので、朝は7時半までに登校しなければならず、わたしは寝不足が心配だし、体幹の強さがないインドアガールは応援団の上半身を反る基本体勢と、さらには小学校の運動会の目玉種目と言える組体操の練習も重なって腰がやられたらしく、腰が痛い、腰が痛いと言っている。

嫌々ながらも引き受けて、時には先生に叱られながらも一生懸命練習している姿を見て、これは本番見逃しちゃいけないなと思った。

次女の方は、運動会でのお遊戯の踊りを最近披露してくれるのだけれども、それがめちゃくちゃかわいい!先生の振付けのセンスにも感心してしまった。

お遊戯に使用する曲は、昔やっていたテレビアニメ「一休さん」の、♪好き好き好き好き好き好き 愛して〜る♪ ってやつです。懐かしくないですか?!一休さんの歌!アニメ観てたなぁ。

次女はもちろん、長女も一休さんを知らないので、長女に一休さんって何?って訊かれて、殺人事件はないけど、身の周りの問題をとんちで解決する昔版の名探偵コナンだよ。と説明した。

話逸れましたが、そんなかわいい踊りが見られるんだ〜と思ったら運動会が楽しみになってきた。と、同時に、次女の踊りを長女も見たかっただろうなぁと思った。

運動会が同じ日になるなんて、いろいろ残念だよなぁ。

ふたりのプログラムがいい具合にズレてくれるといいな、、、、。

そりでは、また〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク