漢方にハマる


スポンサーリンク

体調を崩しがちだった

わたしはものすごく寒がりで冬がすっごく苦手。(得意な人いませんかね)

長女が幼稚園時代はよく風邪をひいていました。最悪なパターンだと咳が止まらなくなって病院で咳喘息と診断されて、ステロイド薬を吸入しなければならなくなってしまうということが毎年起こっていたんです〜。

さらに長女が年長さんのときに子宮内膜症からのチョコレート嚢腫ができてしまい、腹腔鏡手術をすることに。。

手術は秋に予定されていたんですが、季節の変わり目にもよく風邪をひいていたわたし、風邪(咳)が原因で手術が延期になってしまうという事態になってしまい、踏んだり蹴ったりとは、、、みなさん、このことを言うんです、えぇ。

結局それから1ヶ月後に手術をしておかげさまで元気になって、それから半年後に次女を授かり、めでたしめでたしなんですけれども、(←はしょりすぎ?)

その頃に熟読していた本があります。

 

「体を温めると病気は必ず治る」

「東洋医学の春夏秋冬」

「薬膳 漢方の食材帳」

病気は冷たいところ(血行不良)に起こる

3冊とも東洋(漢方)医学に基づいた内容の本なんですけれども、

東洋医学の考え方というのは、宇宙のすべての事象がに分けられるというもので、

」は乾燥、熱、収縮という性質を持ち、

」は湿(水)、冷え、拡張という性質を持つ。

人間も陰体質陽体質に分けられ、

食べ物はからだを温める食べ物は陽、冷やす食べ物は陰と分けます

他にも「五行(ごぎょう)」という考え方もあるんですが、

小難しいのでここでは省略しやす。

この3冊の本を読んでからは体を冷やすこと、冷やす食べ物は避け、とにかく体を温めるようにしようと思ったわけです。

「薬膳 漢方の食材帳」は、高麗人参やチンピなどのいわゆる漢方薬で知られるような食材も載っていますが、

普段おうちにある何でもないかぼちゃや大根なんかの野菜や果物、肉、魚、お茶や調味料などの効能が載っています。

例えば「にんじん」は「血を補い、目と関係の深い肝の働きを高めて、目の乾きやかすみ、視力低下によい。(省略)」という風に書いてあり、

わたしが一番気になる体を冷やす食材かどうかは五性と言って、

」か「」か「」か「」か「」と記されています。

にんじんは体を温めも冷やしもしない「」なので、生で食べても大丈夫な食材だなとわかるわけです。

夏野菜であるトマトは「」でからだを冷やす食材なので、冬にはよくトマト鍋をします。調理して熱を加えることで「から「」に変えるんです〜。

トマトは加熱することでリコピンの吸収が2〜3倍増えるらしいです。(リコピンはコラーゲン減少を抑制してくれるのでシワの予防になる)何より鍋は簡単ですしね。。。

じゃあ冬に体を冷やす生野菜を絶対食べないの?!と言うと、食べまーす。外食したときなんかに付いてきたら気分によって。

でもなるべく食べないようにしてます、、、なぜなら本当にお腹(胃?)が冷えて冷たくなってきて、、、ひどいときはお腹を壊します。

夏、暑すぎて調子に乗って冷たい麦茶をがぶ飲みするとすぐお腹壊すので、夏もおうちでは朝は必ず熱い紅茶を飲んでその他は常温のお水、冬も冷たい飲み物はほぼ飲みません。

お腹弱いんですねって言われたらそれまでなんですけども、弱いからこそわたしには必要で気をつけたい事柄なんです。

でも昔からお腹が弱かったわけではなくて、冷やすものを意識して摂らない生活を始めたら体質が変わってしまったようです。

漢方というと高麗人参やら調合してもらうととても高価なお薬というイメージだったのですけど、=漢方薬ではなくて、薬膳、養生法(生活の仕方)も漢方と呼ぶそうです。

人それぞれ体質は違いますから、もし「わたしもすぐお腹壊す!!」とか、「よく風邪ひく!!」とか、わたしと同じような方がいたらおすすめしたい漢方の話でした。

ちなみに、手術後この本を読んでからはほとんど風邪をひかなくなりました♪

そりでは、また〜。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク